ビハキュアに含まれている美白有効成分とは?成分を詳しく調べてみた

配合成分

ビハキュアとは

「コンシーラーで隠していたシミが薄くなった!」

「シミだけでなく肌にハリを感じられるようになり、化粧ノリも良くなった。」

など今SNSや雑誌などを中心に話題の医薬部外品の美白クリームです。

 

そんなビハキュアですが、、

  • 良い事しか書いてないけど、過大広告なんじゃない?
  • 口コミとかもほとんどステマなんじゃない?

など「本当はシミに効かないんじゃない?」と怪しく感じてしまったりもします。

今回はビアキュアに含まれている成分もとに

本当にシミに効果が期待できるだけでの成分が配合されているのか?

を徹底的に調べていきたいと思います。

ビハキュアに含まれている美白有効成分とは

ビハキュアに含まれている美白有効成分トラネキサム酸、アルブチン
その他成分BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、水酸化Na、スクレロチウムガム、フェノキシエタノール、スクワラン、メドウフォーム油、トリエチルヘキサン酸グリセリル、セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、ジメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、SEステアリン酸グリセリル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、ピロ亜硫酸Na、1,2-ペンタンジオール、アロエエキス-2、酵母多糖体末、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、チンピエキス、ウメ果実エキス、シルバーバイン果実エキス

 

ビハキュアには

    • トラネキサム酸
    • アルブチン

美白有効成分が2種類も含まれていました。

美白有効成分とは厚生労働省から美白効果がある成分として謳う(うたう)ことを許可されている成分です。(美白効果とはメラニンの生成を抑え、シミ、ソバカスを抑えることです)

(ビハキュアはシミ、そばかすを抑えるという効果効能を表示できる事が認められている商品という事ですね)

そして美白効果のある有効成分だけでなく、その他成分にも様々な肌の悩みに効果が期待できる成分が含まれてました。

その他、成分に期待できる効果とは

美白有効成分以外のその他成分にも

  • 保湿作用
  • 抗炎症作用
  • エモリエント作用
  • エイジングケア

などが期待できる成分も含まれていました。

保湿

保湿作用とは

肌からの水分蒸発を防いだり、肌の潤いを保つ効果が期待できると言われています。

抗炎症

抗炎症作用とは

炎症を抑える効果が期待できるとされ、ニキビや肌荒れに効果が期待できると言われています。

エモリエント

エモリエント作用とは

肌の水分蒸発を抑え潤いを保ち結果、肌をやらかくする効果が期待できると言われています。

肌を柔らかくするので、シワやほうれい線などにも効果があるとされています。

エイジングケア

エイジングケアとは

抗酸化作用、抗老化作用や血行促進作用などの肌の衰えに働きかける作用によって結果、肌の衰えを遅らせる効果が期待できると言われています。

ビハキュア成分まとめ

ビハキュアの成分を調べてみてもシミ、ソバカスに効果が期待できるだけの成分がしっかりとア配合されている事が判明しました。

ビハキュアは

  • テレビCMなども無く
  • 決して安くない商品(定価9,980円)

なのにもあかかわらず、SNSだけでそれも40代、50代が中心に人気になったというのは本当に効果があった商品という事を証明しているのかもしれません

少なくとも今回調べてみて過大広告やステマなどであは無い事は判明したと思います。

 

関連記事

ビハキュアの口コミに騙された?リアルな悪評を調べてみた結果とは?

タイトルとURLをコピーしました